福岡で薪ストーブの新世代、バイオマス蓄熱暖炉

福岡で暖炉と暮らすライフスタイルブログ

福岡暖炉 福岡県宮若市の新世代蓄熱暖炉・バイオマス蓄熱暖房

f:id:fukuoka-makistove:20181207145622j:plain

さて、福岡県宮若市に設置した新世代の暖炉である、バイオマス蓄熱暖房も快調に稼働しはじめております。

石やレンガの暖炉をコンパクトに現代的にイノベーションしたものがバイオマス蓄熱暖房です。

金属や鋳物製品の薪ストーブと違い、石から放射される大量の遠赤外線が温もりの秘密です^^

f:id:fukuoka-makistove:20181207150045j:plain

この違いは鋳物や金属製品の薪ストーブを使った事がある方でないと違いが分からないかと思いますが〜、全然違う温もりですし、質の高い暖かさなのであります!!

こちらの設置宅のオーナーさんも以前は鋳物の薪ストーブを使っていた経験がある方でしたので、その違いに驚かれていたのであります!!

12月16日は当店で今年最後となる「バイオマス蓄熱暖房」ワークショップを開催しますので是非、体験を通じて世界を広げて見ては如何でしょうか❓

詳しくはホームページで^^

https://www.biomass-attakaya.com

f:id:fukuoka-makistove:20181207150536j:plain

室温も26℃とハワイにいるような心地よい暖かさ^^

寒い冬の季節は5ヶ月近くあり、夏より厳しい期間が長い・・・

人生の大切な時を豊かにしてくれる冬のアイテムとして欠かせ無い存在になったとの事でオーナーさんも大変喜んで頂けました^^

これからも数は追わず、丁寧な展開を行い暖かい暮らしの文化を広めてゆきたいと思います☆

f:id:fukuoka-makistove:20181207150946j:plain

2019年1月13日は新世代の暖炉・薪ストーブ「バイオマス蓄熱暖房」ワークショップを開催します。

詳しくはホームページで^^

https://www.biomass-attakaya.com