福岡暖炉blog バイオマス蓄熱暖炉

久留米筑後地方を中心に商売繁盛家内安全円満、人生や生き方についてのブログ

日本の寒すぎる家や住環境 #エアコンじゃ歯が立たない寒波

スクリーンショット 2023-01-26 5.59.59
皆さんごきげんよう

さて、猛烈な寒波が押し寄せ昨年末の寒波を上回る寒さで随分と冷え込んだ日本列島各地です。

日本の家でもっとも普及しているのがエアコンではないかと思いますが、正直暖房に関してはこの寒波や低温続きには歯が立たないのであります。

エアコンは本来冷房や除湿に向いた空調機器であり、温める暖房の方には本来向いていないのであります。(空調と暖房は違う性質)

エアコンのような機器をヒート・ポンプと言われる訳ですが、ヒートつまり熱をポンプ組み汲み上げると言う仕組みは、正に井戸の水を汲み上げるようなイメージで捉えると、冬は室内に必要な温度、例えば23℃とした場合に外気温度が今回のようなマイナス5℃の気温であれば28℃の温度差を作らなければ成らない訳ですから、例えて言うならば井戸から水を汲み上げるとしますと、28メートル深さの井戸から汲み上げる事になります

深い井戸から汲み上げれば汲み上げる程に、電力の消費も多くなり効率もダウンします

夏は逆にエアコンは元々の成り立ちからして冷房が得意であり、得意な範囲の温度差を作れる為に例えば外気温32℃で、室内27℃としたら場合はたったの5℃の温度差を作り出せば良いわけですから楽々で、井戸で汲み上げる深さも5メートルと浅い所から汲み上げるのであり電力消費も少なく効率も良いのであります。
スクリーンショット 2022-01-29 8.31.59
冬にエアコンで中々快適な温度にならないのは元々の成り立ちからして暖房、つまり温める方の機能は冷媒の流れを逆回転させている訳で、実質はおまけ程度の機能を商品力高く見せる為に経緯から間違いが始まったのであります

冷房も暖房も一つでと聞いたら知識のない大衆としたら飛びつく訳ですからね、寒冷地や気温か氷点下近くの山間部や高地には向かないのです。

上の写真のようなエアコン暖房で空気を温めようと必死で温風を室内に吹かしていますが、ちっとも温まりません

エアコンの温風は皮膚から水分を奪い乾燥させると共に気化熱で体温まで奪います

若干暖かく感じているのは体の皮膚の表面だけであり、体の内部まで熱が浸透する事は無い訳です。

エアコンの温風は冬にお風呂のシャワーだけで済ませているようなもので、直ぐに冷めて温まらない訳です。

湯船にゆっくり浸かったら体の芯から温まり落ち着きます、これがバイオマス蓄熱暖炉のような遠赤外線の温まり方なのであります。
20181210T124743 copy
30℃程度の吹き出し温風では室内の壁や床に天井などの六面体を温める事な出来ようはずもない

温風であれば90℃程度の熱風が吹き出さない事には温まらないのは技術者は分かっているはずである

まぁ、90℃とかの熱にエアコンの室内機が耐えられないのもあるしね・・・
スクリーンショット 2023-01-26 6.00.42
バイオマス蓄熱暖房の石から放射される遠赤外線で手の腹は37℃ありポカポカで体の芯から熱が伝わっているが分かる

エアコンや温風ヒーターなどの空気や対流の温風では中々温まらない訳であり、逆に体を冷やす原因となっておりエネルギーや熱の伝搬の間違いによるエントロピーを増大させている訳なのだ

IMG_0034
バイオマス蓄熱暖炉のタイルやレンガに石のボディーからは、大量の遠赤外線が放射されている、遠赤外線は100℃以下の割と低い温度帯域で石やレンガにタイルセラミックスなどから放射される。
 
鉄や鋳物などの金属類から遠赤外線は殆ど放射されていないのは中々知られていない・・・
 
薪ストーブ=即暖かいとのイメージは少し間違っている。
 
2月8日はお店でバイオマス蓄熱暖炉のワークショップ開催します、体験を通じて学びましょう

詳しくはホームページで
https://www.biomass-attakaya.com/
スクリーンショット 2023-01-26 6.05.40
思わず抱きしめたくなる温もり

写真は大型タイプのアルモニア 
スクリーンショット 2023-01-24 7.12.38

成功の炎を燃やそう「バイオマス蓄熱暖炉体験ワークショップ」開催

開催日 2023年2月8日の日曜日

時間  午前9:00〜11:30

場所  福岡県八女郡広川町新代1364-2
    暖家屋ワークショップ          

詳しくはホームページで
https://www.biomass-attakaya.com/


www.youtube.com

古い家のアルミサッシは隙間風だらけ、家が寒い原因 #大寒波

IMG_1728
皆さんごきげんよう、寒波の襲来で各地で水道の凍結や被害が出ているようです。
 
福岡県の筑後地方の辺鄙な所にあるお店はマイナス5℃を記録しました
 
ここにお店を構えて新記録を更新した低い気温です
 
辛うじて水道や井戸は凍結しませんでしたが、ガス給湯器が凍結してお湯が出ませんでしたが、何とか昼過ぎから回復しました。
 
お店は築50年のボロ屋をリノベーションしたもので、大家がケチなので痛んだサッシュの交換してくれないのであります
 
まっ、折角の寒波の機会に古いアルミサッシュがどれくらい隙間風が流入するのか実験しました。
 
ご覧のように目張りした窓はビニールがパンパンに膨み、窓を閉めていても隙間風が大量に流入しているのがわかります。
 
これくらい寒くなると気圧差が大きくなり、余計に隙間風の流入が増す訳です。
 
測定した訳ではありませんが、おおよそ建物や部屋の空気が1時間に10回程度は入れ変わる位の隙間風の流量だろうと思います。
 
隙間が多いと、どんに高性能な暖房や高火力の暖炉でも効果がありません
 
暖房ばかりに依存するのでは無く、隙間風が入ってこないように窓の交換やリノベーションを是非ご検討下さい。

古いアルミサッシは気密性や隙間風を防止する為のパッキンなどゴム類が取り付けられていないのが殆どです。 
 
可能であれば木製断熱サッシュ、若しくはオール樹脂断熱サッシュ、出来なければアルミ樹脂複合サッシュに交換するべきでしょう。
 
絶対にオールアルミのサッシュは使用してはなりません。

成功の炎を燃やそう「バイオマス蓄熱暖炉体験ワークショップ」開催

開催日 2023年2月8日の日曜日

時間  午前9:00〜11:30

場所  福岡県八女郡広川町新代1364-2
    暖家屋ワークショップ          

詳しくはホームページで
https://www.biomass-attakaya.com/

大寒波、ヒートショックは交通事故死の7倍以上 !!

スクリーンショット 2023-01-24 7.06.13

皆さんごきげんよう、明日から寒気が流れ込み日本列島を覆い尽くすようですね、皆さんくれぐれも気をつけてお過ごし下さい。
 
さて、寒い冬になると救急車を街でよく見かけます。


1月や2月の寒い時期が日本では亡くなる人が一番多い月だそうで、それは季節と非常に関係があると思われます。

ヒートショックによる死亡者数は交通事故死の7.2倍に達するそうで、冷えや寒さを甘く診てはならないのであります。

脳梗塞心筋梗塞など基礎疾患のある方がこの寒い時期に耐えきれずに亡くなるのだろう想像が付きますが、亡くなるまでは行かないにしても酷い後遺症を抱える事になるとそれはそれで厄介であります。

人は生まれてから命を授かりやがては誰もが亡くなる訳ですが、死ぬまで健康でないと人生楽しめませんよね、やっぱり

40代から50代に掛けての生活態度を如何に改めて改善するがが人生の分かれ道と言えるでしをう、だからこの年代の方は若い頃と違うので自分の身体をケアし大切にして頂きたいと切に願うのです。


64BB04A2-66F8-4DB9-8059-05F01C03CCD7特に寒い厳しい冬を如何にして身体を労わりながら過ごすかが鍵となると言えます。

小生の友人知人など、働き盛りの人達にありがちな健康への慢心

気だけは若く、しかし確実に身体は衰えてくるのに対して向き合わなかったせいもあり、早くに他界した友人や知人も結構いたのです。

小生は長生きしたいとかあんまり考えてはおらず、出来れば死ぬまで元気でいたいと言うのが希望です

だから日々を楽しく精一杯、そして色々な事に気を配り年齢と共に衰えてくる身体の労わりケアする事を欠かしません。

自分を大切にする事とは、どう言う事なのかを多くの方々は真の意味で理解していないと思います。

スクリーンショット 2022-12-05 14.23.25

さて、日本の家屋や住まいは世界的に見て非常に貧しい作りの建物が多く、隙間風ビュービューで、断熱性が脆弱なのは知られている所だと思います。
 
マンション住まいの方々は分からないと思いのすが、戸建の家の寒さは尋常ではありません
 
先進国と言われ科学が進んだ日本に於いて、建物やそのインフラはかなり前近代的であり粗末なのは一体どうしてなのでしょうか❓
 
建物やインフラが脆弱であると富の差が付き、発展や進歩が頭打ちになり、後進国になってしまうと思われます。
 
もうそろそろ経済の規模に見合った建物や長期的な耐久性を備え、生活の質の向上に目を向けるべきではないでしょうか❓
 
ハイブリッド自動車や電気自動車に乗ってガソリンスタンドに冬の寒空に灯油を買い求めてい並んでいる光景は非常に滑稽に映るのです。
 
暮らしの質や人生とはどうゆう事なのかを人々は理解していないのかと思うのであります。

人生に心に魂に成功の炎を燃やそう🔥その為のHow to say How to do
スクリーンショット 2023-01-24 7.11.55

taionnnohousoku-1024x487


成功の炎を燃やそう「バイオマス蓄熱暖炉体験ワークショップ」開催

開催日 2023年2月8日の日曜日

時間  午前9:00〜11:30

場所  福岡県八女郡広川町新代1364-2
    暖家屋ワークショップ          

詳しくはホームページで
https://www.biomass-attakaya.com/


www.youtube.com

大寒波襲来 #寒波

SDIM1211

皆さんごきげんよう、昨年末の寒波の襲来で凍りついた日本列島でいが、またまた大寒波の襲来で冷え込みが厳しくなると予想されます。

温暖地と言われている地域は寒さに無防備であり、氷点下の続く日が数日続くと大混乱となってしまいます。

さて、太陽活動の停滞がここ数年続いているようで、最近の夏の猛暑などの事を考えると何となく温暖化になっていると世間一般の人々が思うかも知れませんが、冬は北半球の寒さや寒冷化が強まってきています

 

大雨や台風や猛暑が続いたのは地球が太陽から受けていた熱エネルギーを徐々に失い温度勾配が急激に変化してきたからではないだろうか

 

近年ここ九州でも大雪や低温続きの寒い日が随分と続いていました

 

近年温暖化と叫ばれていましたが、実態は真逆で寒冷化に地球は向かっているようですね

 

温暖化問題の実態は複雑に絡み合う国際間の政治経済や外交問題が本質で、地球物理的な問題とは違う部分に綱引きや駆け引きが行われています。

 

テレビやマスコミの情報には本質が見えにくいようになっていて厄介です・・・

 

日本はこれまで温暖化対策と称して7兆円ものお金を使ってきましたが、全く役に立っていません


問題があると既得権益者はそれに乗っかって、権益や役所の省益拡大に大変都合が良い訳であります。
38

役所の役人ってのは補助金助成金を作り配る事で出世します、だから無駄使いや税金を配りたがる訳です

 

それに群がる政治屋さん政商に大企業などなど、腐ってますね本当に


地球温暖化なんてまるっきり嘘で、地球は徐々に寒冷化してきているのは間違い無い・・・

 
このブログでも何回も申してきましたが〜

寒冷化するとエネルギーや食料など資源の争奪戦となるので

事実とは反対方向へ世論を誘導するのが特権階級や支配者の策略です・・・

市民はテレビやNHKや新聞にマスコミのプロパカンダに騙されないように情報リテラシーを確りと身につける必要性があります。

今まで温暖化と言われているのは都市部の熱の循環の悪さから来るヒートアイランド現象を温暖化と錯覚させられているのです・・・

自動車の排熱排ガスやビルのクーリングタワーやエアコンからの排熱にその他莫大な排熱を都市生活では出しています

しかも、熱を蓄熱するコンクリートアスファルトの道やビル群と熱の塊となっている都市部は夏は暑く、冬はあたたかいといった都市型のヒートアイランドと言う気候を人為的に生み出しています。

それを温暖化と騒いでいたのだと思われ、さらに温暖化と託けてエコ家電やエコカーなど環境に良い製品への買い替えを促すためのキャンペーンにも利用されて来たのであります。

まだ使える家電や車を買い替えるのはエコじゃ無いですよね、普通に考えて・・・

つまり、温暖化は企業にとって金儲けに役立つ訳です、役所や役人は補助金バラマキで出世に好都合win-winな関係

温暖化とかしてませんよ、沖縄北部も雪降るくらい寒くなって来ているのに

SDIM1204

SDIM1205

SDIM1208
CO2の量と温暖化は関係がありません・・・

CO2の量が上がっているのにも関わらず、(386ppmなんて本当に僅かな量で無視できるレベル)気温は低下しているのです

学会のデータと政治的データが二つが存在していて皆さんがマスコミや政府を通じて見ているデータは政治的なデータです。

学会のデータは表に中々出て来ません、都合が悪いから

温暖化は虚構であり国際間の政治的な問題で利権の巣窟になっているのです。



成功の炎を燃やそう「バイオマス蓄熱暖炉体験ワークショップ」開催

開催日 2023年2月8日の日曜日

時間  午前9:00〜11:30

場所  福岡県八女郡広川町新代1364-2
    暖家屋ワークショップ          

詳しくはホームページで
https://www.biomass-attakaya.com/


www.youtube.com

女性に大人気の暖炉!! 名付けて「女子暖・ラスタベッタ」 #女子暖

スクリーンショット 2023-01-17 16.41.01
正に女子暖、ラスタベッ
スクリーンショット 2020-07-12 15.47.58
皆さんごきげんよう、昨年負った怪我の療養リハビリ中ですが、治りがまだまだの状態で無理ばかりしているので時間が掛かっています。


まっ、焦らず付き合って行くしかありませんね

さて、現場仕事はやっていませんが既に2024の冬向けの依頼を徐々に進めております。

今年になって急激にご依頼や問い合わせが増えたのがラスタベッタ・chefです。

コロナの影響なのか、リモートワークや自宅での仕事をやる方が多くなった事もあるようで、家に居る時間が長くなった事と関係が深いのだろうと思います

ラスタベッタのご依頼や問い合わせの7割は女性の方で、本当に女性のお客様には大人気となっており、外出や外食を控えて家に居る時間も長いと言う事もあり、時間に余裕が生まれて料理とか家の事が出来るようになった事なのでしょう、とても良い事であります
スクリーンショット 2023-01-02 10.55.16

料理人の端くれでもある小生、オーブン料理の良さを最近つくづく感じます、肉を焼いたりした後の仕上げの熱入れにはオーブンが最適です

フライパンでは入りきれない熱や、じっくり火を通すのにはやはりオーブンが要です 

暖炉の火を楽しみ、部屋も遠赤外線で温もり体も健康免疫アップで病気知らず、食事も美味いと来たらこの上無い 

2月8は今シーズン最後のバイオマス蓄熱暖炉のワークショップを開催します。

知って、行って、観て、会って、そして確かめて、ワークショップでお会いしましょう

人生に心に魂に成功の炎を燃やそう🔥、その為のHow to say How to do
 

スクリーンショット 2019-06-30 10.16.42

スクリーンショット 2022-12-28 11.42.47
スクリーンショット 2019-06-01 8.58.11

成功の炎を燃やそう「バイオマス蓄熱暖炉体験ワークショップ」開催

開催日 2023年2月8日の日曜日

時間  午前9:00〜11:30

場所  福岡県八女郡広川町新代1364-2
    暖家屋ワークショップ          

詳しくはホームページで
https://www.biomass-attakaya.com/

 


www.youtube.com

薪ストーブ、ストーブに対する認識の間違い

スクリーンショット 2021-03-12 16.00.21
皆さんごきげんようバイオマス蓄熱暖炉は薪ストーブと一緒にされない為に便宜上暖炉と表現していますが、厳密に言うと薪ストーブでも暖炉とも違います。

言葉や概念が無いと説明が厄介であり、便宜上日本では新型の暖炉と言う表現を行なっています。

物事は歴史的にも文化的にも分析する必要があります、バイオマス蓄熱暖炉はヨーロッパの伝統的な温もりの文化であるオーフェン「ofen」と言うもので、その意味はタイルや石にレンガのボディを薪で熱し、放射された遠赤外線で部屋や家を温めたり、食品や料理の加熱に使う事を意味し、そのような冬の暖房文化と認識して頂きたい。

このような文化圏のある国や地域と全く無い国や地域では認識や概念が全く存在しないので説明が厄介極まり無いのであります

薪ストーブや暖炉などでもまだまだ誤解や認識不足の日本の市場ですが、更に文化の無い国や地域で普及や認識を得るのは至難の技であります。(暖房や採暖の違いすら理解出来ていない)

薪ストーブを家や部屋の暖房に利用しようとしている方々が殆どでしょうが、ストーブは暖房とは違う作法の行為態度であり、これがボタンの掛け違いの始まりだと見ております。(文化的相違から起こる)

自動車とて色々なカテゴライズがあり、トラックにバスにワゴン車にコンパクトカーに軽自動車にSUVなど様々に分かれており、それを全て称して認識表現するは難しく、車で来るからと言われてまさかトラックやバスで知人が来るとは思わないと思います。

タイヤが四本付いているからと言って全てが自分が認識している自動車とは限りません。

スクリーンショット 2021-01-28 13.03.40

自転車も英語でバイクでありエンジンの付いたバイクもバイクですが、違う乗り物ものですよね・・・

それらと似たようなもので、薪で炎を炊くと言う部分は同じでも利用する過程やプロセスが異なっているのがこの世界なのです。

ストーブは本来その周りや周辺で暖を採ると言う作法や概念です、部屋や家を満遍なく温めるのには向かないものであり、オーフェンは前途した通り薪で燃やした熱をレンガや石にタイルで蓄熱した熱で二次的な放射熱で部屋や家を温める作法や概念です。(食品を加熱したりも含む)

ストーブで無理やり部屋や家を温めようとすると、そりゃ膨大な薪の消費に繋がり大変になってしまう訳で、更に無理やり温める訳ですから部分的に過剰な熱さを引き起こし、オーバーヒートを日中に起こすのです。

特に近年の高断熱や気密化された建物や家屋では全くミスマッチを起こします。

このようなミスマッチや認識の間違いを起こす要因は文化の無い地域における概念の欠如や作法に物事に対しての行為態度の間違いが原因です。

ストーブは住居では無く屋外やそれに近い小屋や隙間多い建物で使うのが作法であり、密閉度の高い家や住宅で使うものではありません。

そんな事を知らない人や業者が日本の9割以上を占めているのであります
(文化度の問題)
SDIM3363
芸術でも高度な学問でも同じですが、前提や当たり前の常識を破る事がポイントです
屋外や外の環境に近い場所や小屋などで行うのがストーブに対する行為態度です。

ストーブは窓サッシュや密閉度・気密度の高い家屋や部屋で使用するのは間違いです

日本には前近代的な薪ストーブしか認知されておらず、薪を大量消費する為に環境規制の影響で欧米で販売出来なくなった骨董品の時代遅れの製品の売り先と化しているのが実態です。(既得権益

日本のユーザーや消費者は井の中の蛙、大海を知らずである・・・
SDIM3364
ヨーロッパの専門のお店からは皆さんが知っているような時代遅れの薪ストーブは20年位前から店頭からは姿を消している
スクリーンショット 2022-12-06 9.11.07

上のイラストはストーブに対しての概念や本質・作法・行為態度
 
ストーブとは物の形式名詞であり、状態である暖房では無いし、暖房は動詞で状態の表しです
 
近くは不快な位の暑いストーブと、部屋が満遍なく温める暖房とは違う行為態度です。
スクリーンショット 2020-02-08 6.37.44
ヨーロッパの冬の暖房文化であるオーフェンと言う存在や概念すら日本では全く知られていないのです

スクリーンショット 2022-12-05 14.23.25
さて、バイオマス蓄熱暖炉はヨーロッパの伝統的な炎の文化であるオーフェンを、日本の方々にも使って頂けるように割とコンパクトにして纏めた小型のオーフェンです。

大型のオーフェンのようにベンチに座ったり寝そべったりは出来ませんが、椅子を置いて写真のように背中を付けたりして背中岩盤浴みたいにも(当店のユーザーさん宅)

遠赤外線タップリで冬の寒さから守り、身体のケアをしつつ、部屋一杯にマイルドで心地良い丁度良い温もりを広げます

体験を体験する唯一の方法は、体験する事です。

2023年新春1月8日の日曜日はバイオマス蓄熱暖炉の体験ワークショップを開催します。

知って、行って、見て、出会って、そして確かめて

人生に心に魂に成功の炎を燃やそう🔥、その為のHow to say. How to do


成功の炎を燃やそう「バイオマス蓄熱暖炉体験ワークショップ」開催

開催日 2023年2月8日の日曜日

時間  午前9:00〜11:30

場所  福岡県八女郡広川町新代1364-2
    暖家屋ワークショップ          

詳しくはホームページで
https://www.biomass-attakaya.com/


www.youtube.com

冬はオーブン料理で温まる、バイオマス蓄熱暖炉・ラスタベッタシェフ

       スクリーンショット 2022-12-04 13.52.01

皆さんごきげんよう、週末は来客でクタクタとなり、来年向けの依頼も進んで来ております。

バイオマス蓄熱暖炉は薪ストーブとは違い、外装のセラミックタイルのカラーリングをご自身の感性に合うように色々なバターンで選べます。

装飾タイルなどで更にデザインを施せば、貴方だけの世界に1台の暖炉が手に入ります

タイルは2000種類もあり、当店には一部しか見本がありませんが、オーダー頂ければ好みのタイルで注文が可能です。

さて、今回はバイオマス蓄熱暖炉ラスタベッタのオーブン付きモデルであるシェフのご要望があり、自分なりに数パターンのデザインを行いました。 
スクリーンショット 2022-12-04 13.46.33
色が変わると趣も変わるので、どれにしようか迷っちゃいますね。

一生物の買い物になる暖炉ですから、拘って創って欲しい

こんなに色を選べる暖炉って日本には無いのです

もっと色を愉しんで欲しい、人生色々  

 

スクリーンショット 2022-12-04 13.46.09
さて、ラスタベッタ・シェフはオーブン付きのモデルで実はかなりお買い得なのでありますが、中々最近の日本人は計算や数字が読めなくなっており、価値相対比較検討する思考能力が著しく低下していると思います。

本格的なオーブンって300℃位まで温度が必要ですが、日本の家電のチャチなオーブンレンジなんて高温に耐えられないので、温度のコントロール範囲が低くて使い物にならない物ばかりなのであります。

料理人でもある小生はその事からヨーロッパ製のオーブンしかお勧めしていません。

それもオーブンだったらオーブン機能しかないものしかお勧めしていません、電子レンジとオーブンは違うものであり、電子レンジの機能も付いたオーブンレンジでは高温にする事が出来ない構造になっているからであります。

欲張ってあれもこれも機能が付いたものは中途半端な製品ばかりであり、日本の市場や消費者の悪い癖で一つに物にあれもこれも機能を求めるが故に質実剛健さを欠いてしまい、本質から遠ざり片手落ちとなってしまっているのであります。

オーブンはオーブンの機能しか無いものを選ぶ事です、電子レンジは構造上安価に出来るので、そんなに拘った物や高額な製品は必要ないと思います。
スクリーンショット 2022-12-04 14.04.40
ボトルグリーンのタイルで目地はグレー、炉台は白か黒を選定
 
色々細かくカラーリング出来るが迷いやすい
スクリーンショット 2022-12-04 14.05.40
オーブンは高温にする為に構造的にゴツくつくる必要があり、ペラベラの鉄板や玩具みたいなものではマトモに料理が出来ないのです、だから本格的なオーブンは値段も高いのです。

200Vの電気のオーブンでも本格的な製品は50万円以上はします、ラスタベッタ・シェフはオーブンの機能も付いて100万程度なのでお買い得なんですがね〜

美しいセラミックスタイルの暖炉にオーブンまで付いている訳ですから、これはかなりお買い得なのだが価値が分からんのが日本の市場やお客さん

まっ、好きな人だけでいいんですがね 

ドイツのミーレのオーブンなんか高いものだと70万もするのだが・・・

貴方はどう思いますか❓ 
 スクリーンショット 2022-12-05 4.10.09
スクリーンショット 2022-12-05 3.15.43


成功の炎を燃やそう「バイオマス蓄熱暖炉体験ワークショップ」開催

開催日 2023年2月8日の日曜日

時間  午前9:00〜11:30

場所  福岡県八女郡広川町新代1364-2
    暖家屋ワークショップ          

詳しくはホームページで
https://www.biomass-attakaya.com/